トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

msdia80.dll が想定外の場所にあるの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
Windows7 で AD参加時にエラーになることがある。
http://support.microsoft.com/kb/927665/ja
http://next.matrix.jp/20130118.html

*デバイスマネージャを表示して、[表示]から[非表示のデバイスを表示]を選択する。
*ISATAP を無効にする
*ローカルネットワークを無効にしてから、有効にする
*これでもだめなら、 teredo tunneling を無効にする
*ローカルネットワークを無効にしてから、有効にする
Vcredist_x64.exe ファイルまたは Vcredist_ia64.exe ファイルを使用して、Visual C++ 2005年の再頒布可能パッケージをインストールすると、Msdia80.dll ファイルが想定外の場所にインストールされる。
64bit版のみに発生する現象らしい。

たぶん、これでなんとかなるはず・・・?

!!!対応
一時的にこの問題を回避するには、
msdia80.dll ファイルを以下の場所へ移動
 c:\Program Files\Common 名 Shared\VC

次に、Msdia80.dll ファイルを登録するために、コマンド プロンプトで次のコマンド入力
 regsvr32 "c:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\VC\msdia80.dll"

・・・・が成功しました。って表示されれば完了。

{{category2 OS,Windows}}
{{category2 ネットワーク}}