トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

netbeansの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!設定
netbeansの起動時のオプションの指定は、以下の2通りの方法がある。
*コマンドラインのオプション
*設定ファイル

両方に設定をした場合は、コマンドラインのオプションが有効になる。

!!起動オプション
!--jdkhome
jdkのパスを実行時に指定する

!--userdir
NetBeans の設定を保存するディレクトリを指定する。

!--laf
ルックアンドフィールを起動時に指定する
 --laf javax.swing.plaf.metal.MetalLookAndFeel

!--locale C
ユーザインターフェースの言語

!-J
NetBeans の設定ではなく JavaVM に直接渡すオプションを指定する
  netbeans -J-Xmx64m 


!!設定ファイル
http://wiki.netbeans.org/FaqNetbeansConfJa
!設定ファイルのパス
全ユーザ共通
 ${nb-install}/etc/netbeans.conf
ユーザごとの設定
 ${userdir}/etc/netbeans.conf

!netbeans_default_userdir
userdir のデフォルトの場所。このエントリはグローバル設定ファイルでのみ有効

!netbeans_default_options
JVM に渡されるパラメータ、あるいは --fontsize や他のスイッチなどの NetBeans のメモリーパラメータやデバッグオプションなどです。 
 netbeans_default_options=" --laf javax.swing.plaf.metal.MetalLookAndFeel"
を追加する事により起動時のルックアンドフィールを変更する事が可能
個人的に以下のオプションがオススメ。
  --fontsize 14 -J-Dawt.useSystemAAFontSettings=on --laf javax.swing.plaf.metal.MetalLookAndFeel


!netbeans_jdkhome
NetBeans で使用する JDK の場所です。 --jdkhome スイッチで上書きできます。 


!!ポータブル化
/etc/netbeans.conf を以下のように編集し、ユーザー設定を置きたいところを指定します。
 netbeans_default_userdir="${HOME}/.netbeans/6.1"
となっているところを、
 netbeans_default_userdir="(ディレクトリをドライブ抜きで指定)\.netbeans\6.1"
のなどのように編集します。
 例:
 netbeans_default_userdir="\software\.netbeans\6.1"

必要ならJDKもUSBメディアにインストールします。
 例:
 e:\software\Java\jdk1.6.0_06 にJDKをインストール。
JDKもUSBメディアにインストールしたなら、それの設定も必要になります。
以下、etc/netbeans.conf の編集例です。
 例:
 netbeans_jdkhome="\software\Java\jdk1.6.0_06"

!!実行コンソールの文字コード
ant で実行時にコンソールの文字が化けることがある。
原因は、WindowsのコンソールにUTF-8で出力するため。
 build-impl.xml
の
 <property name="runtime.encoding" value="${source.encoding}"/>
を
 <property name="runtime.encoding" value="MS932"/>
などとする。
{{category2 プログラミング言語,Java}}